FC2ブログ
02« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»04

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

 

このページの記事一覧

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cm -- | tb -- |  * edit *  page top

* category: FF日記

なかま 

2005.08.31
Wed
21:38

こんばんわ(*・ω・)ノ

挨拶がでかぃって?きまぐれです。気にしたら負けですよ(ぉぃ





ここからは、めーためーーーーーた長いです。昔話です。
面白くもないです(*ノノ)

FFのプログを探索していて、とあるプログを見つけました。
とても興味ある内容で書かれたそのプログを時間も忘れて読みきりました。



今、FFでは経験値の補正もあって高レベルが増えてますよね。

必然的に、低レベルはお手伝いしてもらって上をめざすわけですが・・・

私が入ったリンクシェルは、深夜しか入れないリアフレが
「日本人の仲間がほしい!」ということで作ったものです。
一年前に作られたLSで、最初は5人ほどでした。(常時いるのは私と団長だけw)
へっぽこ団長に着いていくだけで、サポジョブもカザムパスも種族さえも簡単に手に入りました。
へっぽこはレベル30~40台だったと思います。
彼は、私が手伝ってもらったものすべてをソロでとったそうです。



そうして3ヶ月4ヶ月がすぎたころ、LSにもメンバーが増えてきました。
私の大好きなmizM嬢が入ったのもこの頃です(´▽`*) 
すごく人見知りな私が彼女と仲良くなるころには、
ちょうどAFをとる時期でした。

団長は私につきあって詩人をセットで上げていたので、
メインである黒が育たずに最高レベルは60台です。

taru1「さすがにAFは手伝えないぞwというか俺もとってないのにw」

と言われて、甘やかされて育っていた私は途方にくれていました。
シャウトもできない、フレも少ない。。当時フレは5人・・しかもLSメンばっかりww

そんなときに、こっそり声をかけてくれたのがM嬢。彼女は

miz 「そろそろAFでしょう?あいてる時間があれば手伝うよ」

と私を連れて、各所へ回ってくれたんです!彼女は赤魔導士75でした。


最後のAF(胴)をとるとき、M嬢もさすがに一人は無理ということで
LSのみんなが集まっているときに、手伝ってもらうことになりました。
メンバーのほとんどが50台~60台前半で、今思えばかなり無謀です;

案の定一度目は全滅・・・○rzヾ

どうしてもクリアしたくてフルアラを集めて再度行くことになりました。
LS始まって以来の大イベントだなw
なんて言いながら、鈴取りから手伝ってくれました。


そうして明け方6時ごろ、初めてのフルAFを装備。
ありがたいやら申し訳ないやらで本当に泣きそうだったのを覚えています。


ちなみにだんちょはシャウトで揃えました○rzヾ


もし、M嬢と知り合えていなかったら。

もし、だんちょがLSを作っていなかったら。


そう考えると、私の冒険はAFで終わっていたような気がします。





手伝ってもらってばっかりな私が、言われて一番うれしかった言葉。

「お礼は何もいらないから、今度はMinatti達が後輩を助けてあげてね。」



あの頃いたメンバーも何人か引退したり、LSに来なくなったり。
新しいメンバーが増えたり減ったり。ひょっこり顔出してくれたり。
毎日いろんなことがあるけど、楽しいです。

みんながそうであってほしいと思う我侭猫は、
       今日もヴァナで元気ですよヽ|*・Д・*|ノ






たまに耳も投げます。
     耳ポイッ(ノ =・ェ・)ノ⌒ ∧__∧



SpecialThx 私にかかわってくれたみんな。ココまで読んでくれた人。
スポンサーサイト
cm (0) | tb (0) |  * edit *  page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://minatti.blog20.fc2.com/tb.php/10-da15729c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。